<< 「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言 秋葉原殺傷事件(産経新聞) | main | <民主代表選>樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<アレルギー>抑制分子を発見 筑波大教授ら(毎日新聞)

 ぜんそくやアトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー症状を抑える分子を、渋谷彰・筑波大教授(免疫学)らが発見した。この分子の働きを強めることができれば、さまざまなアレルギーに共通する薬の開発につながる可能性がある。6日付の米科学誌ネイチャー・イムノロジー電子版に発表した。

 アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。これらの化学物質の働きを抑える薬はあるが、完全に抑えるのは難しい。

 そこで、研究チームは化学物質を出させない方法を探った。その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が、刺激なしに比べて半分程度に減ることを突き止めた。また、この分子を持たないマウスを作ると、通常のマウスより激しいアレルギー反応が起きた。

 この分子は花粉など抗原の種類に関係なく、アレルギー反応を抑えることも分かり、研究チームは「アラジン1」と命名。人にもアラジン1が存在することを確認した。

 日本では国民の3割が何らかのアレルギーを持つと言われる。渋谷教授は「アラジン1の働きを高めることによって、アレルギーを効果的に抑制できる」と話す。【高木昭午】

【関連ニュース】
12月号
科学のまちから:食品総合研究所 アレルギー抑える食品探す /茨城

両陛下、パラリンピック入賞者ら招き茶会(読売新聞)
首相、腹案について「具体的に申し上げるつもりない」(産経新聞)
<連帯保証人>保護のため民放改正へ 説明義務規定を検討−−法制審(毎日新聞)
破産申請から一転、東京の文寿会が事業再開(医療介護CBニュース)
バイオリン練習に腹立て9歳長女に暴行 母親を容疑で逮捕(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • 10:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
レンタルサーバー 比較
主婦 融資
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
探偵事務所 東京都
情報商材レビュー
競馬サイト
情報起業
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM